NCGCAM

NCG CAM Solutions Ltdは2009年にイギリスにてNCGCAMの開発メーカーとして設立され、高速加工、最速演算で実績がある3次元CAM、MSGのNC Grphic社にて長年CAMソフトの開発を行った中心的なスタッフがそのノウハウを生かしNCGCAMを開発いたしました。今、真にワールドワイドに求められたCAMシステムです。

特徴

高速加工・最速演算

高速加工・最速演算

簡単操作

簡単操作

美しい仕上がり

美しい仕上がり

かつてMsgは高速加工、最速演算で金型業界では広く実績を認められました。曲面の多い大物加工に特に優れ、他のCAMではできない絶対的なパフォーマンスをいとも簡単に行いました。NCGCAMはその開発スプリットを継承しCPUのマルチプロセスに対応し更なるスピードアップを目指します。

3次元のCAMに特化し、シンプルな操作、1日のトレーニングですぐにNCデータを作成することが出来ます。マクロナレッジシステムの自動計算。オペレーターにやさしい簡単操作。NCGCAMは使う人の立場に立ったシステムです。

NCGCAMは曲面の仕上がりに定評があります。加工トレランスを上げ演算能力をフルに活用すれば、更なる美しい仕上がりが望めます。

導入事例

A社 アルミ製容器製造業-高速演算処理による業務効率改善のため導入
N社 自動車部品製造開発業-曲面仕上の品質向上のため導入
T社 自動車部品金型製造業-極小部品の設計、レンダリングスピードの改善のため導入

機能

最適荒取り加工 マシニング゙加工に欠かせない複数工具での加工プログラムが一括処理可能。加工工程、切削条件の登録、及び同一工具、工具順の自動並び替え等、豊富な機能により高品質のデータをスピーディーに出力します。
曲面加工 曲面加工は形状に対して、均一にNCデータの点間隔を調整し工作機械上でより滑らかな動作を行なう事で、正確で綺麗な表面仕上げの加工が可能です。
削り残し仕上げ加工 前工具(仮想)を設定し、各仕上げ加工パスを削り残し部分に作成します。また、削り残し領域を使用して、様々な組み合わせの加工が行えます。
マクロナレッジシステム 異なるパートに対して登録したプログラムを感応させ、自動で一括計算を行なうシステムです。※マルチプロセッサ対応で、異なる複数の工程を同時に計算します。

その他の機能

ホルダー干渉回避

ホルダー干渉回避

NCGCAMはホルダーを定義することによりワークへの干渉するパス作成は致しません。

工具・ホルダーライブラリー

工具・ホルダーライブラリー

直感的な操作で特殊ホルダーの作成が出来ます。また標準装備のデーターベースから工具・ホルダーが選択出来ます。
※工具・ホルダーメーカー●(株)日研工作所 ●OSG●(株)MSTコーポレーション●ユキワ精工(株)●エヌティーツール(株)

マルチメジャー機能

マルチメジャー機能

フィレットの最小R半径、勾配角度を色の濃淡で表示。またマウスのポイントを近付けることにより数値確認が出来ます。

マクロナレッジシステム

マクロナレッジシステム

複数のマクロパターンを登録する事により様々な3Dモデル形状に対応した加工プログラムの自動一括演算処理を行ないNCデータ出力までのリードタイムを大幅に短縮させます。

3+2軸加工

3+2軸加工

画面上で角度を振り工具軸を固定し割り出し加工が簡単に出来作成者の視点からのパス作成も思いのままです。

ルールド曲面作成機能

ルールド曲面作成機能

ルールド曲面作成機能は、ワークの曲線を利用して加工に必要な曲面を作成することが出来きる機能です。

ツールパス編集

ツールパス編集

NCGCAMは作成したツールパスを簡単に編集することが出来ます。1本ずつまたは面、領域を選択して削除が出来ます。

オプション

同時5軸モジュール

同時5軸モジュール

詳細な設定の5軸加工はもちろん、NCGCAMは操作する側の負担を軽減する3軸から同時5軸へのパス変換が可能です。

機械シミュレーション

機械シミュレーション

同時5軸に標準化(3軸オプション)工具アニメージョンに加えワーク、テーブル、ホルダーとのポジションを視覚的に確認することが出来ます。

動作環境(最小スペック/64bit)

CPU Intel Core i3,i5,i7 CPU 2.8GHz以上(マルチスレッド/4コア以上)
OS Windows7(Professional 又は Ultimate)/Windows8(Pro 又は Enterprise)
メモリ 6GB以上
グラフィック Nvidia Quadroシリーズ、Open/GLグラフィックス512MB以上
HDD 最低500GBディスクスペース4GB以上の空き容量(最小)

バージョン16リリース

選択曲面加工 – 等高線パス

NCG CAM v16.0 の新機能で等高線パスを含む選択曲面加工を追加しました。
この新機能で、ユーザーは等高線パスを使用して加工する個々の曲面を選択することができます。
領域を作成する必要なしに曲面エッジまでの加工ができます。
低傾斜、走査線、放射線状、螺旋状で選択できるのと同じです。

1

複合パス – 等高線と等ピッチ

この新しい方法では、90度の角度から指定した低傾斜の角度まで等高線パスを作成することができます。
等ピッチパスは指定した低傾斜の角度と0度間までの領域を埋めるために作成されます。

2

等ピッチパスは違う色でハイライトされています。リンクはトップダウンからの1つの操作なので、リンク順序は等高線、等ピッチ、等高線などの組み合わせになります。この方法では、
パスのタイプを変えながらも、1つの操作で済むのでより滑らかな仕上げになり、切削方法は連続して上から下へ加工となり、工具摩耗を避けます。

ツールパス変換  – パラメータ保持

設定された切削パラメータはパラメータ化されたツールパスを変換する時に保持されます。
この新しい働きは、ユーザーが手動で行う時間の節約になります。

走査線の接線方向延長

以前の走査線パスの延長では工具がエッジから出て落ちてしまっていました。

3-4-7

この新しい延長オプションでは、既存のパスの終端に接するパスを作成し、切削される材料を超えて離れるような軌道を延長し、パス水平方向延長もあります。

走査線パス短縮オプション

以前のパスは直前か直後に、垂直壁上にかすかな跡を残す可能性がありましたが、少ない量でパスをトリムし戻すことができる新機能が追加されています。

マウスダブルクリックを使用した走査線パスの切削角度設定

%e5%9b%b31

前バージョンでは正確な角度が要求される場合、 モデルを手動で計算していました。しかし、この新機能では角度を決定する際、マウスのダブルクリックを使用して
切削方向を計算します。この事はユーザーの作業時間を大きく削減します。

6-400

パスのダイアログは開いている間に、グラフィックウィンドウのモデルから座標値を測定できます。
結果は自動的にダイアログの角度に挿入されます。

ユーザーインターフェースの近代化

7

ユーザーインターフェースの基本的スタイルは、このCAMソフトウエアが最初に作られた時から変更されていません。そこでインターフェースの
色々な面の近代化に取り掛かり、NCG CAMv16のポイントリリースで開始します。

NCG CAM v16 の改善には下記のものが含まれます

目的は、単に違いを作るためではなく、ユーザーインターフェースをよりよく、より簡単にすることです。

工具データベース – 工具全長

工具データベースで工具の前兆を指定することが可能です。

例:工具カタログで通常‘L1’として参照されている値です。

 ‘工具長’ は「使用可能な工具の長さ」です。

例: ホルダから出ている部分です。

8

コンテンツツリー管理

リサイクルフォルダが削除されたアイテム用にディレクトリ・ツリービューに追加されています。必要な時には、ユーザーが特定のアイテムを
選択し保存することができます。

9

加工済穴の印付け

この新機能では、以前穴あけサイクルを作成する為に使用された穴がある場合、穴あけはツリービューに「タグ付け」され色のついたマーカーで表示されます。
この視覚的な相違で、加工が必要な残っている穴の特定が簡単になります。

10

5軸フランク加工

フランク加工は、ターボエンジン、航空利用、タービン、インペラブレードの液体パーツ用に使用される同時5軸ミーリングプロセスです。

切削工具の全有効刃長を使用し、一度の切削でパーツの曲面を加工するのが目的です。

荒取りと仕上げのサイクルは、自動リンクとチルトとともに、利用できます。

3333

軸用バレル工具

この新機能は、5軸加工を使用している時にバレルタイプの工具もサポートします。

バレル工具の機能定義は「サークルセグメント」半径です。典型的なボールエンド工具と比較すると、工具とワークピース間にはより大きな関与領域が持てます

一番大きな関与領域は、より大きな等ピッチ値を使用できますが、曲面仕上げは保持します。

金属の除去率は、バレル工具を使用した時には改善し、典型的なボールエンド工具と比較すると工具の摩耗も少なくなると予想されます。

13